園長のごあいさつ

 こんにちは!
 八尾ソレイユ認定こども園の濱岸です。

 『ソレイユ』とはフランス語で太陽(おひさま)を意味します。キラキラ輝くおひさま! ポカポカあたたかいおひさま! こどもたち一人一人それぞれが、世界に、宇宙に、たったひとつのかけがえのないおひさまなんです。私たちはそんなこどもたちに寄り添いながら保護者の方、地域の方々と共に守り、育てていくお手伝いができればと思っております。

 

八尾ソレイユでは、激しく変化し多様化する今の時代にあった保育・教育の提供を重視しています。そのためにICTを積極的に取り入れています。

具体的には…

保護者様とのやりとりにアプリを利用!

●個別でも全体でも瞬時にお知らせ。緊急時にも素早く対応できます。
●園での様子に写真を添えることで、より具体的な子どもの様子をお伝えできます。
●保護者様からの園への連絡も携帯電話を使用することで手軽にできます。

ICTを日々の生活や保育・教育に!

ICTを利用することで園に居ながら様々な人とコミュニケーションをとったり、遠くの事象を見聞きしたりと、より豊かな経験をすることで知識の回路を増やし、つなげ、考える力や自分の思いを発表する力、プレゼンテーション能力を育て子どもの可能性を広げます。

職員の業務のICT化


ICTを導入することで書類、雑務等の軽減をはかり、その時間を子どもたちとじっくりかかわる時間として使っています。

そしてわたし達は、ICT、最先端の情報技術を取り入れながら、人間的なかかわりを何よりも大切にしています。

 キラキラ輝くおひさまも、時には厚い雲におおわれたり、大地の向こう側に沈んで見えなくなることもあります。でも、そんな時だっておひさまは精いっぱい光を放っているんです。

 「どんな時もそこにあなたがいることが、それだけで、それこそが、一番一番大切なことなんだよ」愛されていること、必要とされていること、そのことを全身全霊伝えることがわたしたちの使命だと考えております。

 

八尾ソレイユ認定こども園 園長 濱岸紀恵