教育理念

教育・保育理念

本学院が重視するキリスト教の精神を基本とし、乳幼児を教育・保育し、適切な環境のなかで、心身の順調な成長と精神の健全な発達を助長することを教育・保育理念とする。

保育目標

明るく健やかな子ども
美しい心の子ども
寛容な心を持つ子ども

教育及び保育のねらい

乳幼児の発達の特性を把握し、子ども自らが主体的に活動しようとする態度を身につける。

音楽あそび、造形あそび、運動あそびを基本とし、豊かな感性や表現力を育み、創造性の芽生えや心身の健康の基礎を培う。

ICTを活用した保育や、外国語の教育などを取り入れ、プレゼンテーション能力の育成に力を入れる。能動的に学び、外国語に興味を持つことや、表現しようとする気持ちを育む。

ICT英語教育
園内風景